すぐ 借り れる カード ローン

今すぐ借りられるカードローンを選ぶならこの2社しかない理由

すぐ 借り れる カード ローン

今すぐ借りられるカードローンをお探しのアナタ。
どのカードローンでお金を借りればいいか迷ってませんか?

 

若いうちはお金が無いのが当たり前。
出世払いという言葉があるように、若いうちはいくら借金してもいいんです。

 

お金を借りることは、自分の未来への投資です。
やりたいことを諦めて何んにもしないよりかは、お金を借りて夢を追いかける方がずっとマシです。

 

でも、注意しないといけないのが、お金はどこで借りても良いわけではありません。
変なところで借りちゃうと、取り返しのつかないことになるので気を付けましょう。

 

 

このサイトでは、今すぐ借りられるカードローンをお探しのアナタにピッタリの安全で安心してお金を借りられるサービスをご紹介します。

 

プロミス

最短30分で審査完了。最短60分で現金がお手元に。カードレスでスマホアプリがカード代わりに。プロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息サービス。※1

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果表示。原則、即日融資可能。※2「WEB完結申込み」ならお勤め先確認の電話連絡がないのでバレにくい。※3

 

今すぐ借りられるカードローンを選ぶなら選択肢はこの2社しかありません。

 

いまからその理由(ワケ)を解説していきます。
読むときっと納得していただけると思います。

 

 

すぐ 借り れる カード ローン

安全に安心してお金を借りられることがわかったら、自信を持ってカードローンを利用することができるようになります。

今すぐ借りられるカードローンの申込み手続きをして、夢に向かって羽ばたきましょう。

 

※1 プロミスの30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 SMBCモビットのWEB完結申込みには以下の条件があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方。全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 

 

今すぐ借りられるカードローンは、消費者金融のカードローンだけ

カードローンには、主に、銀行が運営しているものと、ノンバンクといわれる信販会社や消費者金融が運営しているものがあります。
銀行カードローンの金利は、14.5%前後。ノンバンク系カードローンの金利は、だいたい18%くらいです。

 

すぐ 借り れる カード ローン

お金を借りるのには、金利は低い方が有利です。
なので、金利だけ比べると、銀行カードローンでお金を借りた方が良いように見えます。

 

しかし、銀行カードローンは金利が低い分リスクが取れないので、どうしても審査が慎重になります。
そのため審査結果が出るまでに時間を要し、即日融資ができません。

 

銀行にカードローンの審査を依頼すると、反社会的勢力とのつながりが無いか、一件一件警察庁のデータベースに照会が行われます。
その結果が出るのが最短で翌営業日。ヘタをすると結果が出るまでに2週間以上かかることもあります。

 

それがネックとなり、銀行カードローンは即日融資に対応できないのです。

 

すぐ 借り れる カード ローン

その点、ノンバンク系の消費者金融の場合は、個人向け融資に特化しているので、サービスが充実していて、カードローンの受付も24時間365日柔軟に対応しています。
プロミスやアコムなど大手消費者金融なら、最短30分でカードローンの審査が終わり、最短1時間で融資が可能です。

 

プロミスなら、全国のセブンイレブンにあるセブン銀行ATMで、契約完了後すぐに現金を手に入れることができます。

 

 

ネット銀行のカードローンや信販会社系のカードローンも即日融資には対応していません。

今すぐ借りられるカードローンは、消費者金融のカードローンだけ

 

 

消費者金融は恐くない理由

消費者金融と聞くとなんだか恐いイメージが無いですか?
借金の返済が遅れると、恐い人が取り立てに家に押しかけてきて、暴力を振るわれたりするんじゃないか?と。

すぐ 借り れる カード ローン

そのイメージは、映画やドラマによって作られたもので、実際にはあり得ません。

 

 

消費者金融は、貸金業法という法律に則って、きちんと正しく運営されています。

 

貸金業法では、おもに、

1.総量規制 年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない。

2.上限金利 利息制限法の上限金利に準じ、貸付額に応じて15%〜20%。
3.違法な取り立てを行ってはいけない。

などが定められています。

 

さらに、消費者金融は、免許登録制になっていて、所管の財務局か都道府県知事の許可がないと営業できません。
もし、貸金業法に違反するようなことがあれば、即、登録が取り消されて、営業できなくなってしまいます。

 

その上、実は、大手の消費者金融は、メガバンクのグループ会社によって運営されていたりもします。
このサイトでご紹介しているプロミスやSMBCモビットは、三井住友銀行のSMBCグループの会社が運営しています。

 

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループ。
レイクALSAやノーローンは、新生銀行グループ。
J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行グループです。

 

大手銀行傘下の会社が運営していると聞くとちょっと安心じゃないですか?
そんな会社が変なことしそうにないですよね。

・消費者金融は、貸金業法という法律に則って、運営されている。
・消費者金融は、登録制になっていて、許可がないと営業できない。
・消費者金融は、大手銀行傘下の会社が運営しているところも。

消費者金融に対するイメージが変わったのではないでしょうか?
これでも、消費者金融は恐いと思いますか?

 

プロミス

最短30分で審査完了。最短60分で現金がお手元に。カードレスでスマホアプリがカード代わりに。プロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息サービス。※1

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果表示。原則、即日融資可能。※2「WEB完結申込み」ならお勤め先確認の電話連絡がないのでバレにくい。※3

※1 プロミスの30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 SMBCモビットのWEB完結申込みには以下の条件があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方。全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 

 

お金はどこで借りてもいいわけではない理由

attention

消費者金融は、貸金業法という法律に則って、運営されていて、財務局か都道府県知事の許可なく営業はできません。
しかし、貸金業法を守らず、無登録で営業している違法な金融会社、いわゆる「闇金融(ヤミ金)」も存在します。

 

「審査なし」とか「ブラックでもOK」とか書かれたチラシやダイレクトメール、最近はSNSなどで勧誘が行われています。
こういった無登録業者でお金を借りると、利息制限法で規定された上限金利の年率20%を超える高金利を請求されたりします。

 

「トイチ(10日で1割)」、「トゴ(10日で5割)」などといわれるような違法な金利を取られると、借金は雪だるま式に膨れ上がります。
そのため、すぐに返済不能となり、返済が遅れると、執拗な取り立てが行われます。

 

近所迷惑となるような大声で怒鳴られたり、暴力を振るわれたり、会社にまで押しかけられて職場に迷惑をかけるようになり、会社にいられなくなることも。
親や親戚のところにまで取り立てに来られ、自害せざるを得ないほど精神的に追い詰められることもあります。

 

一度付き合うと、断ってもお金が強引に振り込まれる押し貸し被害にあったり、同業者に個人情報を売られて、執拗な勧誘を受けたりすることも。
借金で首が回らなくなると、弱みに着けこまれ、犯罪の片棒を担がされて、最後は刑務所行きなんてことにもなりかねません。

 

そうなっては、一度きりの人生なのに、取り返しのつかないことになってしまいます。
夢と希望を叶えるためにお金を借りるのに、こんなことになっては本末転倒です。

 

ヤミ金には絶対に手を出さないようくれぐれも気を付けましょう!
さもないと、後悔することになりますよ。

 

 

ちなみに、貸金業法では、万が一返済が遅れるような状況になったとしても、

催促の電話は1日に3回までしかしてはいけない。

常識を超えた時間に許可なく訪問してはいけない。
大声を出して個人情報を漏らすようなことはしてはいけない。

というようなことまで、細かく規定されています。

 

さらに、「貸金業相談・紛争解決センター」など紛争解決のための相談窓口も用意されています。

 

きちんと登録している貸金業者からお金を借りてさえいれば、万が一の時もきちんと対応してもらえるので心配は要りません。

お金を借りる際は、貸金業法を守らず無登録で営業している違法な金融会社、ヤミ金にひっからないよう注意が必要です。

 

 

ヤミ金にひっかからないためにできること

すぐ 借り れる カード ローン

前項でヤミ金でお金を借りることの恐さを書きましたが、ヤミ金にひっかからないためにはどうすれば良いでしょうか?

 

「審査なし」とか「ブラックでもOK」など、甘い言葉で書かれたチラシやダイレクトメール、SNSの勧誘などには釣られないでください。

 

審査の無いカードローンは、どこを探してもありません。
「審査なし」と書かれているということは、何か裏があると思って間違いありません。

 

ヤミ金かヤミ金でないかチェックする方法として、金利が年20%以上かかっていないかを確認するのもひとつの手です。
出資法では、金利20%を超える利息を取ることは法律違反となります。

 

 

あと、貸金業者は、登録制になっていて、所管の財務局か都道府県知事の許可がないと営業はできません。
お金を借りようと思っている会社が登録されているか、お金を借りる前にきちんと確認しましょう。

 

登録されているかどうかは、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索すればわかります。

 

 

但し厄介なことに、登録貸金業者情報検索入力ページで検索して登録があったとしても、架空の登録番号を使って登録業者を装う「登録詐称業者」が存在するので、注意しないといけません。

 

こうなってくると素人では太刀打ちできません。

・怪しい勧誘には乗らない。
・上限金利20%が守られているか確認する。
・登録貸金業者情報検索入力ページで確認する。
登録業者を装う「登録詐称業者」が存在するので注意が必要。

このサイトで紹介しているプロミスやSMBCモビットでお金を借りれば、ヤミ金にひっかかる心配をする必要もないですし、登録業者かどうか調べるなど面倒なことをする必要もありません。

 

プロミス

最短30分で審査完了。最短60分で現金がお手元に。カードレスでスマホアプリがカード代わりに。プロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息サービス。※1

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果表示。原則、即日融資可能。※2「WEB完結申込み」ならお勤め先確認の電話連絡がないのでバレにくい。※3

※1 プロミスの30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 SMBCモビットのWEB完結申込みには以下の条件があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方。全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 

 

最短60分のスピード融資【プロミス】

テレビCMでおなじみのプロミスは、SMBC(三井住友銀行)グループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営しています。

 

最短30分で審査完了。最短60分で融資可能。※4
このスピード審査は、業界最速級です。

 

上限金利が他所より0.2%低く抑えられているのも特徴です。
もちろん担保も保証人も必要ありません。

 

50万円以下の借入れなら、収入証明書が不要で、免許証ひとつで今すぐお金が借りられます。
もしプロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息サービスも受けられます。※5

 

プロミス
公式サイトには、「フル入力でお申込み」と「カンタン入力でお申し込み」の2種類のボタンがあります。

 

一見、カンタン入力の方が手軽で良さそうに見えますが、そう簡単でもなく、入力項目が結構あります。
その上に、入力後にオペレーターと電話でやり取りして、手続きを進めないといけません。

 

オペレーターと繋がるまでに時間を要しますし、審査開始が遅くなります。
それなら多少入力に時間がかかっても「フル入力」の方が審査が早く始められてお得です。

 

スマホ操作が余程苦手だという人以外は、「フル入力でお申込み」から手続きを開始しましょう。

 

金利 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
登録番号 関東財務局長(13)00615

※4 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※5 プロミスの30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

誰にもバレたくないなら【SMBCモビット】

お金を借りる際には、本人がその会社に本当に在籍しているかどうか確認するために、会社に電話されます。
もちろん、消費者金融の会社名は名乗らず、個人名で架けられます。

 

でも、そもそも会社に個人名で電話がかかってくることは普通はないので、消費者金融の在籍確認の電話じゃないかと気づかれて、借金していることが会社にバレてしまうこともあります。

 

SMBCモビット
会社に借金していることを知られるのを絶対に避けたいという場合には、SMBCモビットの「WEB完結申込」を利用しましょう。

 

WEB完結ならお勤め先確認の際に電話連絡がありません。※6
公式サイトに「在籍確認の電話連絡なし」と明記されたサービスを行っているのは、SMBCモビットのみです。

 

SMBCモビットもSMBCグループの株式会社SMBCモビットが運営しています。
プロミス同様、担保や連帯保証人は不要で、50万円以下の借入れなら収入証明書はいりません。

 

金利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
登録番号 関東財務局長(7)01239

※6 SMBCモビットのWEB完結申込みには以下の条件があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方。全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 

 

まとめ

すぐ 借り れる カード ローン

銀行カードローンも、ネット銀行のカードローンも、信販会社系のカードローンも、即日融資には対応していません。

なので、今すぐ借りられるカードローンとなると、消費者金融のカードローンに選択肢が限られてしまいます。

 

しかし、なかには、消費者金融に悪いイメージを持っている人もおられます。
そんな方のために、消費者金融は恐くないという理由を説明しました。

・消費者金融は、貸金業法という法律に則って、運営されている。
・消費者金融は、登録制になっていて、許可がないと営業できない。
・消費者金融は、大手銀行傘下の会社が運営しているところも。

消費者金融各社が貸金業法をきちんと守って、業界のイメージアップを図っている一方で、貸金業法を守らず無登録で営業している、いわゆるヤミ金と呼ばれる違法な金融会社があって、ヤミ金に手を出すととんでもないことになってしまうので気を付けないといけないことをお伝えしました。

 

ヤミ金の見分け方も書きましたが、登録業者を装う「登録詐称業者」も存在するので、素人では判断が難しいです。
ヤミ金にひっかからないためには、このサイトで紹介しているプロミスやSMBCモビットのような、誰もが知ってる大手消費者金融でお金を借りると安心です。

 

最短60分で融資可能なプロミスは、上限金利が他より少し低く、30日間無利息サービスもあって、若者の夢を応援してくれます。
借金していることを会社にバレたくないなら、在籍確認の電話が無いSMBCモビットのWEB完結申込みを利用すると良いでしょう。

 

すぐ 借り れる カード ローン

今すぐ借りられるカードローンを選ぶなら選択肢はこの2社しかない理由を納得していただけたでしょうか?

これでもう迷わず、安心してカードローンを申込むことができますよね。

 

自分を飛躍させるために、自分の未来への投資だと思って、今すぐ手続きを始めましょう。

 

プロミス

最短30分で審査完了。最短60分で現金がお手元に。カードレスでスマホアプリがカード代わりに。プロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息サービス。※1

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果表示。原則、即日融資可能。※2「WEB完結申込み」ならお勤め先確認の電話連絡がないのでバレにくい。※3

※1 プロミスの30日間無利息サービスには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 SMBCモビットのWEB完結申込みには以下の条件があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方。全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 


page top